梶ヶ谷クリニック

このような症状でお悩みの方へ

このような症状でお悩みの方へこのような症状でお悩みの方へ

便潜血検査で陽性反応があった方

健康診断や人間ドックで便潜血検査の陽性反応が出た方は、

大腸内視鏡検査を受けましょう。
便潜血で陽性反応が出た方は、肛門や大腸からの出血が疑われます。
大腸がんの恐れもあるため、陽性反応が出た方はなるべく早く医療機関を受診ましょう。
当院では、お腹の張りを軽減し痛みのない大腸内視鏡検査が受けられます。

患者数が増え続ける大腸がんを予防するには?

ライフスタイルや食事の欧米化に伴い近年では大腸がんの罹患率は増え続けています。
大腸がんのほとんどは、大腸ポリープから発生しているので大腸ポリープを切除することで、ほとんどの大腸がんは予防することが可能です。
定期的な大腸内視鏡検査を受ける事で、検査時に見つけた大腸ポリープをその場で切除して大腸がんを発症するリスクを下げることが大切です。
当院では検査の精度を高めるため、特殊な光の使用や100倍に拡大するなどして見逃しやすい病変の発見と正確な診断を可能にしています。
大腸がんの発症リスクが上がる40歳をすぎたら、大腸内視鏡検査を定期的に受けることをおすすめします。

梶ヶ谷クリニックの大腸内視鏡検査の特徴

医師紹介当院では、日本消化器内視鏡学会専門医である院長と、内視鏡専門医師の2名体制で検査を行っています。
検査を受けて頂く方に、できる限り『楽に』 『安心して』受けて頂ける工夫をしています。
内視鏡に対してマイナスなイメージをお持ちの方も、まずは当院の選ばれる理由をご覧いただき、大腸がんの予防のための検査をご検討ください。

梶ヶ谷クリニックの大腸内視鏡検査の特徴梶ヶ谷クリニックの大腸内視鏡検査の特徴

検査時の鎮静剤を使用するメリット・デメリット

メリット

鎮静剤を使用して寝ている間に検査が終わるので痛みを感じることがありません。鎮静剤が覚めるまで待つ必要がないので、短時間で検査を終えられます。

デメリット

鎮静剤が覚めるまで院内でお過ごしいただくため検査時間が長くなります。また、お車などご自身で運転してご帰宅いただくことができません。稀に鎮静剤による副作用が現れる可能性もあります。

大腸検査の流れ

検査前日

step01.検査前日

消化のいい食事を心がけ、早めに就寝しましょう。
夕食はかたまりのない液状の食事を軽く摂取し、午後7時以降は食事をしないでください。水分は、いつも通り飲めます。
検査前日20時頃、シンラック(下剤)一本を100ccの水に入れてのみます。下剤がニフレックの場合下剤のニフレックを溶かして、検査前日のうちに冷蔵庫にいれてください。

検査当日

step02.検査当日

朝食は食べずに起床後はコップ2杯ほどの水かお茶を飲んでください。
下剤のニフレック(下剤)又はモビプレップ(下剤)を飲んでください。カスのない薄黄色の水便になったら検査可能です。予約時間の15分前にはご来院ください。
検査前後に飲むための飲み物(お茶や水)を、クリニックに持参してください。※車や自転車の運転は禁止です。

検査

step03.検査

検査義にお着替えいただきます。
検査の所要時間は15~30分程度です。鎮痛薬はすべての方に使用しますが、鎮静薬をご希望の方は前もってご相談ください。必要に応じて組織検査(一部をつまんで顕微鏡で調べる)をすることがあります。ポリープがみつかった場合は、小さいものはその場でとれます。(ただし、血液サラサラの薬を多く飲んでいる方はポリープを取れない場合があります)。

検査後

step04.検査後

検査終了後より飲食可能です。
ポリープ切除した場合は当日はおかゆと水分のみです。
数日間は、アルコールや刺激物の摂取、激しい運動、長時間の入浴などは避けます。組織やポリープ切除の結果は約2週間後に外来にてご説明します。血を吐いたり、便に血がまざっていたり、腹痛が続く場合、その他体調がすぐれない場合はすぐにご連絡ください。

大腸内視鏡検査の費用

健康保険1割負担の場合健康保険1割負担の場合

※組織検査は、採取した部位の数によって費用が変わります。
ポリープ切除も行った部位の数により費用がかわります。

健康保険3割負担の場合健康保険3割負担の場合

※組織検査は、採取した部位の数によって費用が変わります。
ポリープ切除も行った部位の数により費用がかわります。

医院案内・アクセス

医院内観
梶ヶ谷クリニック
住所 〒213-0013
神奈川県川崎市高津区末長1-23-17梶ヶ谷Jビル 1F
梶ヶ谷駅から徒歩2分
駐車場13台完備
TEL 044-877-0608
診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:水曜・祝日 ※診療終了の10分前までに、受付をしてください。